社員インタビュー

社員インタビュー

PROFILE

名前
杉浦 正峰すぎうら まさみね
職種
グロワー
所属
高度環境制御
地域
中部
入社
2018年度

専攻分野・前職での内容

園芸専門学校卒

実家の農業とは異なる農業の新しいカタチに惹かれサラダボウルに
実家が農家で小さいころから、「農業がしたい!」と思っており、大学卒業後は農業生産法人に就職を希望していました。
そして、農業をやる以上は、実家の農業よりも多くの収量を上げたいと思っており、経験で劣る中でいかに短期間で両親に追いつき追い越せるかを考えていたところ、最先端の技術を取り入れて従来とは全く違った手法で農業を行うサラダボウルに出会い、入社に至りました。
入社後も勉強の毎日
現在は新人研修を経て、アグリサイトにてグロワー一般というポジションを任せてもらっています。
グロワーとは栽培管理者のことを指しますので、業務内容としてはトマトの生育調査*を中心に防疫管理*なども任せていただいています。
まだ、グロワーという職種に就いて日が浅いので、グリーンハウス内の温度の設定や潅水の設定に使われている環境制御システムについて、グロワーでもある事業所長の志田さんに教えていただきながら自主的に勉強*もしています。
実家が農家だったことや、学校で露地栽培*は経験していたため野菜の栽培に関しては基礎知識があったのですが、このような大きな施設での栽培というのはサラダボウルに来るまで体験したことがなかったので日々勉強の毎日です。

*作物の状態を観察し把握するため、茎径・伸長量・花数などを計測している
*農作物を病害虫や感染病の発生、流行から予防すること
*週に2回、サラダボウルグループの若手メンバーで自主的に主催している勉強会
*土を使った屋外での農業
働きやすい職場環境に「農業の新しいカタチ」を実感
働きやすい職場環境に「農業の新しいカタチ」を実感
入社して最も驚いたことは、勤務体系ですね。
サラダボウルの圃場*は環境制御システムで管理されているため、天候や外の環境からの影響を受けにくく、そのおかげで、普通の会社員のように週休二日制で働けます。新しい機材が多いところも職場環境の改善に役立っていると思います。病害虫の防除管理作業一つとっても、農薬の入ったタンクを背負ったり、ホースを使って人が散布したりするのではなくて、全部機械が自動でやってくれます。
このような点において、サラダボウルでの農業はいい意味で農作業をやっている感覚がなく日々の負担が少ないので、「農業の新しいカタチ」を実感できる部分だと思います。

*農作物を栽培するための場所
植物相手だからこその難しさ、やりがい
グロワーとしてトマトを栽培していく中で一番大変なのは、安定してお客様にトマトを届けるために一週間後、二週間後を予想して今の管理をしなければならないところです。直近のことでしたら、少し予備知識があれば植物の成長の促し方や、防疫などといったことも分かりやすいのですが、二週間後となると不確定要素が多いので予測が非常に難しくなってきます。
また、新しい圃場のため機材の調整が必要なことや、まだパートさんも作業に慣れていないため、マネジメントが難しいことも相まって、与えらた条件の中で先を見越して計画を立てることは難しいところだなと思います。
しかし、日々トマトの生育調査や環境管理の仕方によって成長が変化していく様子を観察していく中で、「こういう設定をするとこのように成長するのか」ということが分かるようになってきていて、先の予測がしやすくなっていることを実感できているので、今すごくやりがいを感じています。
夢は国内最大の収量を誇る農場の事業所長へ
グロワーとしては、よりシステムに詳しくなって品質と収量の両方にこだわりを持ちながらトマトと向き合っていきたいです。
そしてゆくゆくは事業所長になりたいです!サラダボウルグループとして全国的に圃場があり今後もっと増えていく予定ですが、その中でも国内で一番収穫量が多い圃場の事業所長になりたいです!
どんな方にお勧めですか?
ちゃんとやりたいことが決まっていて、この会社になぜ入社して何を達成したいのかが自分の中で確立できている人におすすめです。
やっぱり、大企業のように福利康生が充実しているわけでもないですし、まだまだ成長過程の会社なので、そういった中で日々何を目標にして働くのか明確にできている人なら非常にやりがいを感じられる職場だと思います!

1日のスケジュール

8:00

出社

8:30

トマトの生育調査
トマトがどれくらい育っているかや、着果具合の調査など、一本一本丁寧に圃場内を歩き回りながら確認

10:00

圃場内にて作業
パートさんに今週の作業の指示や、環境統合制御システムの操作・管理についての勉強

12:00

お昼ご飯

13:00

再び圃場内にて作業
トマトの培地や花のチェック、病害虫の発生状況などの確認
ほかにも次の週に散布する農薬の選定

16:00

清掃、事務作業
防除機やフィルターの清掃、防除履歴の作成や備品の購入スケジュールの見直しなど

17:30

退勤

サラダボウルに就職を考えている人に一言!
漠然と農業をしてみたいと考えている方や、少しでもサラダボウルに興味のある方は、ぜひインターンなどで、現場の雰囲気を感じてほしいです。日本の従来型の一般的な農業経営とは全く違う農業の新しいカタチを直に感じるにはやはり見てもらって体験してもらうことが一番だと思います。そして、Mission&Valueに共感して常に新しいことに挑戦したいと思える方とぜひ一緒に野菜を作っていきたいです!
Copyright © 2016-2021 株式会社サラダボウル All rights reserved.