先輩インタビュー

先輩インタビュー

先輩インタビュー:青木 達郎

青木 達郎あおき たつろう

経営企画・営業
2016年 サラダボウル入社

「大きな可能性を感じ、これならすぐにでも農業に携われると思い転職を決めました。」

青木 達郎

普段はどのような仕事をしていますか?
具体的な担当作業内容や、やりがいを感じるポイントを教えてください

営業を行っています。
各顧客様との窓口になり販売、販促活動を行っています。
納品をすませて終わりではありません。商品の認知度を向上させるため、バイヤーさん、店舗のスタッフさんと、コミュニケーションを重ね最適な販売方法を導き出します。トライアンドエラーを重ね、結果として売上(数字)に反映された時の達成感がやりがいです。顧客様とただ仕事上の取引をするのではなく取り組みを一緒になって行い結果に結びついた信頼関係は、売り手、買い手の関係だけでなく親密になれることがとても楽しく思えます。

青木 達郎

農業を仕事にしようと思ったキッカケや、サラダボウルを就職先として選んだ理由を教えてください

「一生続けたいと思う仕事とはなんだろう?」東京で働いているときによく考えていました。農業に興味を持ち始めたのもこの自問自答からです。ただ、どうすれば就農できるのか?やっぱり脱サラして田舎で耕すのが農業なのか?そんな覚悟は自分にあるのか?様々な疑問も同時に持ち始めました。
そんな時に、田中代表と話をする機会があり、自分のいままでのキャリアを生かした働き方があることを知りました。そこから転職するまでは早かったです。
すぐに先進的技術ハウスの見学に向かっていました。そこでサラダボウルの将来的なビジョンも知ることができました。
大きな可能性を感じ、これならすぐにでも農業に携われると思い転職を決めました。

求職者の方に、サラダボウルとして自慢できるポイントやメッセージをお願いします

農業は最高に楽しいクリエイティブな仕事と思います。
おいしいものを食べた時に広がる笑顔や会話に満ちた食卓や家族の風景を作ることができます。そして農業との関わり方は様々な方法があります。ぜひ一緒に農業の新しいカタチを作りましょう。

Copyright © 2016 株式会社サラダボウル All rights reserved.