先輩インタビュー

先輩インタビュー

先輩インタビュー:志田 智史

志田 智史しだ さとし

クロップマネージャー (ミニトマトの栽培担当)
2016年 アグリビジョン入社

「自分が考えていた通りの生育をしてくれた時にやりがいを感じます。」

志田 智史

普段はどのような仕事をしていますか?
具体的な担当作業内容や、やりがいを感じるポイントを教えてください

トマトの栽培方針を決めて、それに沿うように環境制御の設定値を変更したり、労務担当と相談しながら作業内容を決めたりといった、栽培のかじ取りの様な仕事をしています。
自分が考えていた通りの生育をしてくれた時にやりがいを感じます。生き物相手なので思っていた通りに行かないことも多いですが、それはそれで楽しいです。

志田 智史

農業を仕事にしようと思ったキッカケや、就職先として選んだ理由を教えてください

人間は食べなければ生きていけませんので、生きることに直結する食に関する仕事、その中でも農業に係りたいと考えていました。そのような思いから北海道のJAに就職しましたが、そこでたまたまトマトの養液栽培の担当になったことがきっかけで、トマトの施設栽培に興味を持ち、いつか大規模施設での栽培に挑戦したいと思うようになりました。そのようなときにある方から田中社長を紹介され、会って話をする中で共通する思いもありましたのでアグリビジョンへの就職を決意しました。

求職者の方に、自慢できるポイントやメッセージをお願いします

非常に風通しの良い職場で、上も下もなく意見を出し合ってより良い運営を目指しています。研修生の意見で仕組みが変わることもあるくらいです。
トマト栽培の観点からみると、標高が高く日照時間が長いという立地の良さから高収量を狙える環境です。
大規模施設栽培というとハウスのスペックや複合環境制御のコンピューターなどハードが注目されがちですが、トマトに合わせた環境制御や労務管理など人が行う部分こそ重要です。そういった部分に興味があればやりがいのある職場だと思いますよ。

Copyright © 2016 株式会社サラダボウル All rights reserved.