会社概要

NEWS&TOPICS

お知らせ
2021年1月13日
日本経済新聞 東北ブロック版にて、白河市における圃場展開についての記事が掲載されました。
電子版の記事は、日経新聞の下記URLよりご覧いただけます。
 
”大型の野菜生産設備、福島で続々 自治体も後押し”
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB08CPP008012021000000
 

白河市との農業生産実施に向けた三者協定に関するプレスリリースはこちら

 
 
<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559
講演情報
2020年11月16日

名古屋大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーが主催する講義「ベンチャー特論Ⅱ」では、大学の研究をもとに起業または事業化するにあたり、ベンチャー企業における事例を踏まえて、どのような問題が起こりうるのか、それをどのように解決したのかなど、新規事業を考える際の道筋を示すことを目的としています。
弊社代表田中のセッションでは、サラダボウルの事業展開の事例と今後について講演いたします。

日時:2020年12月3日(木)14:45~16:15

詳細は、名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーの公式ページをご覧ください。
http://www.vbl.nagoya-u.ac.jp/lectures.html



<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

お知らせ
2020年10月28日

白河市
株式会社サラダボウル
2020年10月28日

[プレスリリース]

白河市と三者協定を締結

 

白河市(福島県白河市、 市長:鈴木和夫)、同市地権者の皆様、農業法人株式会社サラダボウル(本社:山梨県中央市、 代表取締役:田中 進、以下サラダボウル)は、白河市における農業生産事業実施に向けて、三者協定を締結いたしました。
白河市の地権者様、地域住民の皆様と同市のご理解・ご支援のもと、約6ヘクタールの農地を活用し、国内最大級の大規模グリーンハウスの建築を進めてまいります。

みちのくの玄関口である白河市は、夏涼しく、通年で農業生産が可能な恵まれた気象条件に加え、物流面においてもアクセスに優れた好立地です。2023年の操業に向けて、同市と地域の皆様との連携をより一層深めてまいります。

 

右より、地権者代表者様、鈴木 和夫白河市長、サラダボウル代表 田中


サラダボウルは、「農業を地域にとって価値ある産業にしたい」という理念のもと、今後も地域に根差した事業展開を進めてまいります。

白河市の公式ホームページはこちら(http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/)をご覧ください。

以上

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

講演情報
2020年10月12日

本セミナーは、スマート農業に興味のある自治体職員やまちづくり関係者の方や、農業関連の研究を行っている学生を対象とした地方創生のためのセミナーです。
弊社代表田中のセッションでは、サラダボウルが全国に独自展開している、最先端の統合環境制御型大規模グリーンハウスをはじめとするアグリテックの事例について講演いたします。

日時:
2020年12月18日(金)13:30~16:30

セミナーについての詳細は、一般財団法人地域活性化センターの公式ページをご参照ください。



<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

お知らせ
2020年9月28日

弊社代表田中が、株式会社タナベ経営が主催するアグリビジネスモデル研究会 第一回のゲスト講師として「持続可能な農業生産法人とは何か」をテーマに講演いたします。

日程:2020年9月29 日(火)

アグリビジネスモデル研究会では、地球規模での環境変化への対応や、安心・安全への社会的要求が高まる中で事業の持続的成長を図るために、全国の先進事例を学ぶことができます。詳細については、株式会社タナベの公式ページをご参照ください。
https://www.tanabekeiei.co.jp/t/lab/agri.html



<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

講演情報
2020年9月14日

弊社代表田中が、山梨県立大学国際政策学部3、4年生向け科目のゲスト講師として「農業生産法人とは何か」をテーマに講演いたします。

日時:10月 15 日(木)13:00-14:30

「地域企業実践論」は、地域振興を専門領域として研究・指導されている安達義通准教授が担当されている科目です。
毎年、法人として農業を経営することの意義について、弊社の事例をもとにお話させていただいております。
山梨県立大学国際政策学部についての詳細は、公式ページ (http://www.yamanashi-ken.ac.jp/department/internationalpolicy)をご参照ください。



<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
E-Mail: m.miyahara@salad-bowl.jp
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

講演情報
2020年9月7日

弊社代表田中が、栃木県内の園芸生産者向け専門家派遣事業「とちぎ施設園芸スーパーコーチ」の講師陣の一人として、登壇いたします。人材育成や経営者としてのマインドなど、経営発展をテーマに、栃木県内で施設園芸を経営する生産者に向けて講演いたします。


開催日時:2020年9月 11 日(金)
 集合指導 午前10:00~12:00
 個別指導 午後13:30~ 一人30分ずつ
 ※募集は締め切られております。

「とちぎ施設園芸スーパーコーチ」は、高度な専門家による技術・経営指導を通して、トップレベルの施設園芸経営者を育成するための、栃木県主催の施設園芸イノベーション推進事業です。これまでも、栃木県の農業経営者向けビジネススクールの講師を長年務め、2018年の派遣事業開始以降は毎年コーチとして指導を行っております。
詳しくは、栃木県農政部生産振興課の公式ページをご参照ください。
http://www.pref.tochigi.lg.jp/g05/itigoyasai/supercoach/h30supercoach.html 



<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原
E-Mail: m.miyahara@salad-bowl.jp
TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

講演情報
2020年9月4日

このたび、弊社代表田中が、株式会社マイファーム主催の経営力養成研修プログラム「2020 ミライの農業をつくるインターン研修 秋」に講師として登壇することとなりました。アグリテック、スマート農業をテーマに講演いたします。

本研修は、農林水産省「農業人材力強化総合支援事業」の一環として、全国の農業大学校をはじめとする地域の中核教育機関の学生らを対象に、地域農業のリーダーとなる農業経営者を育成することを目的とした、オンラインによる研修プログラムです。


【開催概要】

 開催日時:2020 年 10 月 10 日(土) 9:30~10:30

視聴対象者:全国の農業大学校をはじめとする中核教育機関の学生 (約 20~30 名)

 詳細につきましては、株式会社マイファームのページ(https://myfarm.co.jp/)をご覧ください。


<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

株式会社サラダボウル 経営企画室 宮原

E-Mail: m.miyahara@salad-bowl.jp

TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

メディア掲載
2020年6月15日

2020年年6月9日に放送された、山梨放送のニュース番組「YBSワイドニュース」において、株式会社サラダボウル(山梨県/代表取締役:田中 進)の新卒採用の取り組みが紹介されました。

番組では、6月1日より新卒採用の就職活動が本格化する中で、リモートワークが社会的な潮流として広がる実態を踏まえ、弊社グループがオンラインのビデオ会議ツールを利用した採用面接を実施する様子が紹介されました。

弊社グループでは、対面でのコミュニケーションが難しくなる昨今の環境においても、ITツールを活用して採用活動を継続的に実施しています。「リーダーが次のリーダーを育てる」という人材育成への考え方を基本に、農業がさらに魅力的な産業となるよう、弊社一同これからも取り組んでまいります。

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

株式会社サラダボウル 経営企画室 森

TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

Mail:mori@salad-bowl.jp

メディア掲載
2020年5月27日

2020年年5月17日付の読売新聞において、株式会社サラダボウル(山梨県/代表取締役:田中 進)の取り組みが紹介されました。

記事では『生産性向上で「稼ぐ農業」』と題して、弊社グループの設立に込めた田中の想いや、現在の事業展開について掲載をいただいています。生産性・品質の向上に向けた継続的な企業努力を通じて、農業がさらに魅力的な産業となるよう、弊社一同これからも取り組んでまいります。

 

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

株式会社サラダボウル 経営企画室 森

TEL:055-273-2688 FAX:055-273-5559

Mail:mori@salad-bowl.jp

Copyright © 2016 株式会社サラダボウル All rights reserved.