会社概要

NEWS&TOPICS

お知らせ
2020年3月9日

 株式会社サラダボウル(山梨県/代表取締役:田中 進、以下サラダボウル)グループは、2017年より東日本電信電話株式会社(東京都/代表取締役社長:井上 福造、以下NTT東日本)と農業の生産性向上を目的とした共同実証実験に取り組んでまいりました。

 このたび、サラダボウルのグループ会社であるアグリビジョンの農場にて、AI(人工知能)やマシーンラーニング(機械学習)、高度な画像解析技術を活用した農業ICT「収穫予測システム」を紹介する撮影が行われ、NTT東日本が新たに公開した新CM「ICTる?地域とともに。」(農業編)内で、サラダボウルグループが次の時代に向けて挑戦している新たな取り組みの一端が紹介されました。

 サラダボウルグループは、これからも「農業の新しいカタチをつくる」べく、さらなるチャレンジを続け、社会に貢献してまいります。

———————————————————————————————————————————–

NTT東日本の新CM「ICTる?地域とともに。」(農業編) はこちらから。

~これまでのNTT東日本との取組み~

 ICTによる地域産業発展のサポートを目指すNTT東日本は、AI・機械学習による映像データ解析・ビーコン等の技術を活用。農業loTセンサーから環境情報(温度・湿度・CO2濃度など)を取得し、トマトの収量予測や生産活動の可視化など、生産及び労務の最適化を図ってきました。

 

詳細はこちら(2017年5月)

【農業法人の生産性向上に向けた農業loTに関する共同実証実験について】

http://www.salad-bowl.jp/blog/43/


NEWS & TOPICS 一覧

Copyright © 2016 株式会社サラダボウル All rights reserved.